イベント日程発表

e0353016_21425343.jpg
 町田尚子 絵本原画展
 『いるの いないの』『あずきとぎ』
 9月5日(土)〜27日(日)
 @ギャラリー・エフ 浅草




会期中のイベント開催日を発表いたします。

京極夏彦×町田尚子 トークイベント
『そうだ、京極さんに聞いてみよう「猫又ってなんですか?」』

9月6日(日)16時開演

入場:2,000円+ドリンク500円
定員:25名
※サイン会はありません

怪談えほん『いるの いないの』、妖怪えほん『あずきとぎ』の
作者である京極夏彦さんと、絵を描いた町田尚子が、
蔵の中で、僅か25名のお客様をまえに喋るこのイベントを
「まるで東京から上野まで新幹線で通勤するみたいなことを!」
と東雅夫さん(怪談えほん妖怪えほんの監修者)がおっしゃってました。
贅沢なような無駄なようなこのトークイベント、
ご興味あるかたはぜひ・・・・。

e0353016_2128533.jpg
撮影:但馬一憲

京極夏彦(小説家)
1963年生まれ。北海道小樽市出身。
世界妖怪協会、全日本妖怪推進委員会肝煎。
古典遊戯研究会紙舞会員。お化け大學校・水木しげる学部教授。
1994年 「姑獲鳥の夏」でデビュー。
1996年 「魍魎の匣」で第49回日本推理作家協会賞長編部門受賞。
1997年 「嗤う伊右衛門」で第25回泉鏡花賞受賞。
2000年 第8回桑沢賞受賞。
2003年 「覘き小平次」で第16回山本周五郎賞を受賞。
2004年 「後巷説百物語」で第130回直木賞受賞。
2011年 「西巷説百物語」で第24回柴田錬三郎賞受賞。


予約受付開始日/お申し込み方法の発表は、また後日。
気になるかたは、このブログをこまめにチェックしてください!




柳家ほたる 納涼落語会

9月11日(金)19時開演

入場:3,000円+ドリンク500円
定員:25名

絵本原画展で落語? なぜ?
と思ったかたも多いと思いますが、
なにを隠そう、柳家ほたるさんは大の妖怪好き。
ほたるさんの特製てぬぐいは妖怪柄。
落語には怖いお噺もたくさんありますし、
怪談えほんと妖怪えほんの原画が展示された空間で、
ぜひ「そっち系」の落語を聞きたい!
と思い、ほたるさんにお願いしました。
落語を生で聞いたことがないというかたも、ぜひ!

e0353016_21285638.jpg

柳家ほたる
生年月日:1976年10月5日
出身地:東京都渋谷区
出囃子:石段

2004年6月 柳家権太楼に入門 前座名「柳家ごん坊」
2005年1月 鈴本演芸場で初高座 演目「寿限無」
2008年3月 二ツ目昇進 「柳家ほたる」と改名 

趣味:妖怪探し、ギター、猫の写真を撮る


予約受付開始日/お申し込み方法の発表は、また後日。
気になるかたは、このブログをこまめにチェックしてください!

[PR]

by iruinaazuki | 2015-07-29 02:22 | イベント